| Top page Photo retouchAction |
フォトショップ, アクション, 使い方
デジタル写真を利用する全ての人に役立つフォトショップのテクニック。
フォトショップの使い方を、本当の基礎から応用まで紹介していきます。

 ■ デジカメで撮影した写真をより美しく見栄え良くするには?
 ■ デジカメ写真をよりキレイにプリントアウトする秘訣とは?
 ■ Web用に画像を調整する方法 ・・・など。

■ アクションの使い方 : 基礎編


フォトショップにはアクションという機能があります。
実際にアクションについて取り扱っているサイトは数多くあります。
しかし、アクションで何ができるのか、何をするための機能なのか、を解説したサイトは殆どありません。


ここではアクションについて、基礎〜少し実践的な話をしたいと思います。

■ アクションはここにある!

初心者の方のなかには「アクション」という機能の名前すら知らない人もいるかもしれませんね。でも大丈夫です。ここの記事を読めばアクションとは何なのか、何ができるか、一通りは理解できるはずです。

アクションは(初期設定の状態では)ヒストリーパレットと同じパレットの中に入っています。

フォトショップ, アクション
上の画像で赤マルで示した「アクション」と書かれたタブをクリックすればアクションの一覧が表示されます。
初めからここに並んでいるアクションはインストール時にソフト本体と同時にインストールされているものです。お試し版に近いものですが、結構役に立つ場面もあるでしょう。


ちなみに、ヒストリー(アクション)パレットが表示されていない場合には上部メニューから「ウインドウ」→「ヒストリー(アクション)を表示」を選択して下さい。


■ ずばり、アクションとは何か?

例えて言うなら、アクションとは全自動洗濯機のようなものです。
もっとマシな例えはないのか・・・とツッコまれそうですが(笑)

全自動洗濯機ではボタン一つで、注水→洗い→すすぎ→脱水、という一連の作業を行うことができます。フォトショップにおける「アクション」とはまさにに、この全自動のボタンを指すのです。

もちろん、フォトショップが洗濯をしてくれるわけではありません。(しつこい?)
例えば、画像をセピア調にするために、次のような作業を行います。
「スナップショットの作成→レイヤーの作成→表示部分を結合→彩度を下げる→調整レイヤーを作成」
こういった一連の作業をボタン一つで可能にする機能がアクションなのです。

初期設定のアクションには木目を作るものなど、様々なアクションがあります。
これらのアクション全ては、フォトショップで可能な作業を集めた全自動フィルターなのです。


初期設定のアクションだけでも、かなり工夫をこらしたアクションが組み込まれています。
色々と試してみましょう。フォトショップって工夫次第で色々できるんだな、って感心できるはずです。


■ 同じ作業を繰り返さないためにアクションがある

実際のところ、初期設定のアクションでも色々あるわけですが・・・。

上にも書いたように、全てのアクションはマニュアル操作で再現が可能です。
アクションでないとできない、なんてものは存在しません。

そこにあるのはただ、「楽チンかどうか」だけです。


工夫に工夫を凝らしフィルターや調整レイヤーを掛け合わせて作った、素晴らしい背景があったとしましょう。で、後日、別の作品の背景にも同じモノを使おうとするとします。

もぅ一度同じ作業をするのがウンザリってこともあるでしょうし、何より記憶が曖昧で再現不可能かもしれませんよね。アクションはそんな時の為にあるのです。


一度アクションとして作業を記憶させておけば後日、ボタン一つで、複雑な作業も再現できるのです。


■ で…アクションの使い方

アクションの種類によって使い方が様々なので、一様には説明できないのですが。
ここでは、基本をさらっておきましょう。


まずは、アクションを適用したいレイヤーを選択します。

「アクションを適用したのに、何の変化もないよ」
そんな時に、よく確認してみると下のレイヤーに適用されていた(けど上のレイヤーが邪魔して結果が見えていなかった)って話もよく聞きます。レイヤーの選択は基本中の基本ですが、初心者は特に気をつけたいところです。


次に、必要ならアクションを適用する範囲を決定します。
もちろん、画面全体に使用するアクションから、選択範囲内に使用するアクション、自動的に選択範囲を生成するアクションまで。様々です。
臨機応変に対応しましょう。(初めは慣れるしかありません)


アクションパレットの中にある、これから使用しようとしているアクションをクリックして下さい。

その後で、アクションパレットの下の方にある再生ボタン(ちょっと下の図を参照)を押しましょう。
あとは、勝手にフォトショップが動いてくれます。

…なにせ、全自動ですから。
(たまに、数値入力を要求するダイアログが出てくるアクションがあります。色々と試して楽しんでみましょう。)


■ 自分だけのアクションを作る!

上にもチラッと書いたので、気付いている人も多いと思いますが、
アクションは自分で作成することができます

そもそも初期設定のアクションでは出来ることも限られています。
なにより、面白いけど実用的ではないアクションも多々混じっています。


アクションは自分の必要に応じて、自分の為に作成するのが本来の姿なのです。


というコトで、オリジナルのアクションの作り方を説明しましょう。
アクションパレットの下には次のようなアイコンが並んでいますよね。

フォトショップ, アクション
自分だけのアクションを作る場合は、まず「新規アクション」を選択します。
ここで、アクションの名称などを入れることができます。(名前は後からでも変更可能)

また、アクションはフォルダごとに括って管理した方が、後々便利です。
フォルダは「新規フォルダ」のアイコンをクリックすれば作ることができます。


新規アクション作成画面の「記録を開始」を押した後(又はアクションウインドウ下部の「記録」アイコンをクリックした後)すぐにアクションの記録が始まります
アクションの記録とは、あなたの操作の記録のことを指します。要するに…。

あなたが範囲を選択すれば、その範囲が。
あなたがトーンカーブをしようすれば、そのカーブが記録されていきます。
「終了」を押すまで全ての行動が記録される点に注意してください。
もちろん、失敗すれば失敗が記録されますし、それで「やり直し」をすれば「やり直し」が記録されます。

停止のボタンで、記録を終了します。

アクションパレットには、あなたが今作成した新規のアクションがあるはずです。
これを選択して「再生」を押せば、今と同じ操作が再現されます。
(ただし、再現不可能なプロセスなどが含まれている場合は中断される可能性があります)


複雑なアクションを作成するときには、紙に簡単な作業フローを書いておき、それを実行するようにするとよいでしょう


■ 他人の作ったアクションを分析する。

アクションを使いこなそうと思うのなら。
なにより、フィルタ操作を使いこなそうと思うなら。

他人の作ったアクションを詳細に分析してみましょう。
具体的には・・・、それぞれのアクションの横の三角マークをクリックして開けていくだけです。

フォトショップ, アクション
上の様に、アクションの中に入っているひとつひとつの機能の設定までが記載されています。

もしも、そのアクションの中で使われている機能を全部理解できるなら・・・、あなたはアクションなしでも同じことが出来るはずなのです。


アクションを扱っているサイトは山ほどあります。
色々な人が、様々なアクションを作ってくれています。
実は、これほど実践的な教材は少ないといえるのです。


アクションを使いこなす為には・・・。
アクションを実行するだけでなくはなくて、分析してみましょう。
(どんな手品でも、タネさえ分かっているなら。あとは練習すれば大抵の手品は再現できるはずです。これと同じこと。アクションではタネが公開されているのですから!これを利用しない手はありませんよ!)


■ フィルターの組み合わせや画像加工だけがアクションの機能ではない。

多くのサイトで、様々なフィルターが組み合わさったアクションが配布されており色々と楽しませてくれますよね。
これらの多くは面白い模様を作ったり、文字を加工したりするアクションです。
水面の模様や、火が燃える模様を再現するアクションなんかも多くありますよね。

しかし、アクションはこういった使い方だけが能ではないのです。
シンプルだけど、役に立つ、ちょっと変わったアクションを紹介しましょう。

・画像解像度の変更 > 複数の画像を簡単に、統一性をもって変更できる
・画像サイズの変更  > 複数の画像を簡単に、統一性をもって変更できる
・何度も同じ角度を回転させる > 幾何学模様作成時などに応用
・同じトーンカーブの適用 > 複数の画像に同じ修正をかける。連続写真の修正などに応用可。

などなど。他にもアナタだけのオリジナルなアクションを作って活用してみましょう。





■ メルマガ ■

素人が知らないフォトショップに関するテクニックを紹介しています。

作業効率アップの為に知っておくと便利なtipsを紹介していきます。

まずはメルマガ内容紹介をご覧下さい。

あなたのE-mail


■ご案内■

Retouch WebLaboratoryではフォトショップに関する様々な記事を用意しています。

もしも、このページにあなたの望む内容がなかったら。是非、TOPページより探して見て下さい。お探しの内容が見つかるかもしれません。

■miniコラム■

アルファチャンネルの定義

 デジタル画像データにおいて、各点に設定された透過度情報を保存するデータ領域をアルファチャンネルと呼びます。

 透過度情報はアルファ値と呼ばれています。
 アルファ値は完全な透明(無色)から、完全な不透明(背景の色をまったく通さない)まで設定することができ、フォトショップではこれをグレースケールで表示するコトができるのです。


   コンピュータがデジタル画像を扱う場合、色の情報として、各点についてR(赤)・G(緑)・B(青)の三原色のデータ領域(チャンネル)が存在します。
 コンピュータはRGBのアルファ値の組み合わせで各点の色を表現していきます(CMYKモードの場合は4色)。

 アルファチャンネルは、データ形式やソフトウェアによって、用意されている場合とされていない場合があります。
 例えば、TIFF形式の画像はアルファチャンネルを保持したまま保存できますが、JPEGはアルファチャンネルに対応していないので、アルファチャンネルを保持したままではJPEG形式で画像を保存できない。ということになります。